関門トンネルを抜けて はやぶさにて

下関で5分間の停車である。この時間、関門トンネルを越えるために、機関車の交代がある。
東京から牽引してきてくれたEF66とのお別れだ。

もちろん、Nさんという車掌さんともお別れだ。一期一会の心境である。これには深い意味があるのだが。






久しぶりに見るヘッドマークだ。この「はやぶさ」のヘッドマークももうなくなってしまうと思うと寂しい限りだ。






関門トンネルを抜けて、いよいよ、九州だ。かれこれ何度も九州に来たことがあるが、この関門トンネルを抜けてきたのは、2回目だ。

高校生の時、友人と二人で、青春18きっぷで、普通列車を乗り継いできたものだ。あのときの感動は忘れてしまった。が、私の場合はいつでも青春(気持ちが)なので、今の方が感動しているかもしれない。

車窓には太陽があり、まぶしいくらいだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ