古代赤米雑炊膳  



吉野ヶ里遺跡の東口ゲートにあるレストランにて。

古代赤米雑炊なるものを食べてみました。

一般的な雑炊とそれほど味は変わらない感じです。
サツマイモや栗の味で甘味がある。

見た目は確かに赤っぽいが、味が変わらないのには理由がありそうだ。

店員さんに尋ねたところ、赤米の割合は1割だという。
それは現代人には、栄養過多になってしまうからだという。

それだけ栄養が豊富なのだという。

古代人は少ない量のものをよく噛んで食べていたという。

咀嚼する力が現代人より強かったこともある。

世界的な食糧不足がさけばれる現在、食生活を考えなおさなければならない時期に来ているのかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ