FC2ブログ

言葉と認識





特に、仕事の上で、「この人とは、あわなくて」というようなことを、聞いたり、相談にのったりすることが続きました。

そこで、欽ちゃん(萩本欽一)の話を一つ。

「欽ちゃんて、人の好き嫌いとかなさそうですねぇ?」「この人は、嫌だなぁ、というのがありますよねぇ?」と聞かれると、「嫌い」とは言わないようにしているそうです。

なんていうのかと思うと、


                『好きな方じゃない』


と、言っているようです。

話を変えます。虹の色は、七色ですよね。でも、日本ではないところでは、6色というところが多いのです。青と藍の区別がないとのことです。

言葉で、区別がないので、それは、同じ色として、認識されてしまうのです。だから、日本以外の国々の人々は、虹は6色だと思っているのです。

つまり、言葉と認識は、つながっているのです。

「あの人は、嫌いだ」と思ってしまうと、自分が嫌だと思うところや、嫌いだと思うところしか見えなくなってしまうのである。

そこで、「好きな方じゃない」としておけば、その人の良いところもみえてくるのである。

誰も、完璧な人は存在しない。いるとすれば、神とか仏という言葉になるのであろうか。逆に言えば、誰しも、良いところも、そうでないところももっていて、当然だと思うのである。

私も、絶対に生理的に受け付けないと思っていた阿倍君も、ようやく、顔をみることができるようになってきた。「美しい国へ」をようやく読み始めることができるようになった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ