空:私が首相になったら 医療完全無料化

空:私が首相になったら /千葉

3月9日11時2分配信 毎日新聞
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 私が首相になったら最初の課題は医療国営化だ。まずは高齢者の本人負担をなくす。前期・後期・末期などと差別せず保険料も診療費も全額公費で賄う。

 次に、妊婦健診から出産、子供が18歳に達するまでの通院・入院費を無料化する。所得制限は設けない。一人ひとつずつの命に国家が責任を持つ際、収入の多寡は無関係だから。

 すべての医療機関を公的管理する。医学部の定員増と奨学金制度拡充で医師不足を解消し、適正に配置する。最終目標は全国民の医療完全無料化だ。コストは皆で分担する。

 健康を維持してバリバリ働き納税する。病気になったら、せめて経済的な心配はせずに治療を受けられる社会に。

 患者の痛みを第一に恐れ、財源の壁にひるみ、明るい未来像にとらわれつつ、医療国営化を掲げ3分の2の議席を得たら、他の政策も再可決……と邪念がよぎったところで夢から覚めた。【奥村隆】
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000045-mailo-l12

 私も同じような夢を見たことがあり驚いた。

 そういえば、子どもの頃から考えていたことだ。消防や警察、小中学校と同じように、医療もならないのかなと思っていたのだ。

 そうすれば、誰もが安心して生活できるのではないかなあって。

           ◇

 伊東光晴著書の「君たちの生きる社会」を政経の副読本で読んだことがあった。

 その116ページ以降に、【医者はなぜ高収入か】という章があった。医学部の定員には、医者を増やさせない力が働いているという。

 これまで医者の数が少なかったため、高収入になっていた。高収入ゆえ数千万円にもなる学費をはらうことができるである。

 能力のある人がみな医者になれるのではなく、高額の学費を賄えなくてはいけないのだ。そこには、悪循環が働いているという。

 逆に、医者の数が増えれば、消防士や警察官、先生程度の収入になるであろう。それでは、高収入は得られない。

 高収入ゆえに医者になる人は減り、本当に、人々を救いたいという人のみが医者になることであろう。

         ◇

 日本医師会あたりが与党に多額の政治献金をするのも、こういう理由があるのではないかと考えたことがあった。

 私の高校の先生に、県の医師会会長の息子さんがいた。もう定年退職しているが。その先生から聞いた話によると、当時の与党議員が教員になりたいという先生のことを調べ、医師会の推薦をもらうために、'''「日本全国どこの学校でも先生にしてあげますよ」と言ってきたという。

 それを断り、はるばる茨城まで来て独力で教師になった先生だった。

         ◇

 私の夢には続きがあった。

 治す医療から予防の医療というものだった。

 学校の先生に、担任の先生がいるように、地区ごとに担当の医師がおり、みんなの健康を守ってくれているのだ。

 もちろん、私立の病院があってもよい。行きたい人は自由意志でかかればいいだけである。

 ただ、警察や消防と同じように、守ってくれる医者がいたらいいなと思うのだ。

 国を守るとは、国民を守るということではないか。その国民の健康や命を守るのは自衛隊員ではなく、医者ではなかろうか。

 自衛隊員くらい医者がいたら、安心して生活できるんじゃないかなあ。



 偶然にも、同じような夢を見た人がいるということは、まさ夢か?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ