笹川氏「うつ病で休む教師、気が弱い」


笹川氏「うつ病で休む教師、気が弱い」
自民党・笹川総務会長が14日、大分県で講演し、「うつ病で学校を休んでいる教師は気が弱い」などと発言した。

 「今、学校ではうつ病で休んでいる先生がいっぱいいる。国会議員の中には一人もいない。そんなに気が弱いと務まらない」-笹川氏は先月、アメリカの原子力潜水艦と衝突して沈没した「えひめ丸」の事故について問題発言し、謝罪したばかりで、今回の発言も波紋を広げそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20090315/20090315-00000000-nnn-pol.html

<自民・笹川氏>うつ病巡り、誤解招きかねない発言

3月14日21時6分配信 毎日新聞
自民党の笹川尭総務会長は14日、大分市であった党大分県連の大会で講演し、「うつ病で休む教員が多いが、国会議員には1人もいない。気が弱ければ務まらない」などと、うつ病に対する誤解を招くような発言をした。

 中山成彬・前国土交通相が、日教組や大分県の教育について批判したことに触れる中で述べた。

 笹川会長は「(教員には)自民党を支持する人ばかり作ってくれと言ってるわけではない。良識ある人を作ってほしいということ。知識だけでなく知恵がないと苦しい時に我慢できず、ばたっと突き当たる」と続けた後、この発言をした。

 文部科学省のまとめでは、07年度にうつ病などで休職した公立学校の教員は4995人(前年度比320人増)で過去最高だった。【梅山崇、高橋咲子】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090314-00000095-mai-pol

「今、学校ではうつ病で休んでいる先生がいっぱいいる。国会議員の中には一人もいない。そんなに気が弱いと務まらない」

 よくぞ言ってくれましたね。やっとボロがでたと待っていましたよ。

 まさに、
厚顔無恥

 あなたのように、ずうずうしくて国民の心を理解できないような方だからこそ、国会議員をやっていられるんですよ。

 学校の先生のように、人の心の痛みを理解できるような、繊細な心の持ち主であったならば、政治家になんかなれませんよ。

 どれだけ、悩み、苦しみ、日々、教育活動に勤しんでいるのかご存じなのでしょうかね。

 それがわかっていたなら、庶民の現実の生活を正しく理解していたなら、あんな発言はしなかったでしょうに。

「自分は庶民の心を把握しておりません」

 と言ったようなものである。

 この混沌とした世の中で、まじめに働いて生活しているのに、理不尽なことばかりが起こっている。その繊細な心の主ならば、いや、ふつうの心の人でも、うつ病にならないほうが不思議なくらいである。


 著者について池田智子/保健学博士 保健師 東京大学大学院医学系研究科修士課程および博士課程修了。東邦大学医学部看護学科助手、講師を経て、2004年、茨城県立医療大学保健医療学部准教授として現在に至る。 


 先日、たまたま、池田智子先生よりお話を聞く機会があった。
 その話の内容の中心が、うつ病についてであった。この話を聞いてすぐに、笹川くんの発言が出たので、あまりにもタイムリー的で驚いた。
 その際、配られたのが左記の本であった。
 うつ病になりやすい人には共通する性格特徴があるという。
 几帳面、生真面目、仕事熱心、手抜きをしたり他人に頼ったりするのが下手なタイプだという。
 まさに、教師に多いタイプではないかと思った。
 この性格の反対のタイプの人が教師だったらどうであろうか?
 
 調査によってひらきはあるが、おおよそ、1年間に少なくとも1回はうつ病になる人の割合は、10人~20人に一人であるという。

 うつ病は、「心の風邪」ともいわれており、普通の人でも受診するかどうかは別として、うつ病になっているのだ。

 むしろ、うつ病にかかるくらいマジメで、仕事熱心、手抜きをしない人こそ、大切にして欲しいものである。

国会議員には一人もうつ病で休んでいる人がいないということは、不真面目で、仕事はいいかげん、手抜きばかりで、他人まかせみないな人であるということを認めたようなものではないか。

 政治家とヤクザの違いは、人殺しをするかどうかだと聞いたことがある。

 お金さえもらえれば、人殺し以外は何でもするのが政治家だということだ。

 最近は、政治家もそれに近いこともしているように感じているが。彼らは、大企業は助けるが、本当に困っている中小企業は見捨てたりして自殺に追い込んだり、適正な医療政策を行わずに、命を奪っていくような不作為による殺人を犯していると思えるのだ。

 もちろん、派遣労働者を追い込んでいるのも彼らの故意による不作為としか言いようがない同類項だ。

 まじめにやっている人が報われない世の中を作ってきたのも彼らではないか。

 勲章をもらったり、名士と呼ばれたり、どうどうと資産を資産を築いている分、ヤクザよりひどい奴らかもしれない。

     ◇


 これまた、偶然にも先日東京に行った際に、車中で読んでいたのが、五木寛之・香山リカ著の「鬱の力」という本であった。
 250ページほどの本であったが、字が大きく、対談形式のため、非常に読みやすかった。
 その本の20ページで、五木寛之氏は、
 いまの世の中で気持ちよく明朗に、なんの疑いもなく暮らしているような人というのは、僕はむしろ病気じゃないかと思うんです。(笑) 毎日これだけ胸を痛めるようなニュースがあって、気分が優れないのは当たり前でしょう。 心がきれいな人、優しい傷つきやすい繊細な感覚の持ち主ほど、いまはつらい時代です。

 と述べていた。

 心が汚れていて、冷たく、面の皮が厚くて、神経が図太い人が政治家だと言うことになる。

 国民の痛みがわからない、鈍い心しかないから政治家をやっていられるのだ。そういう人が政治をやっているから、庶民の生活がよくなるわけがない。

 むしろ、うつ病になるくらいの人に政治家になって欲しいくらいである。



      ◇

 池田智子先生によると、うつ病は、脳内神経細胞間のセロトニンなどが十分に伝わっていない機能障害であり、気の持ちようや根性で何とかなるものではないし、何かをして気分転換ができるものでもないという。

 アルコールは神経の刺激伝達を抑制し、生理的に症状を悪化させるので、飲酒は控えるべきであるという。

 バーで気分転換をしている麻生くんは、うつ病であるはずがない。ということは・・・

      ◇

いままさに「鬱の時代」が始まろうとしている。

「鬱の時代」はこれから五十年は続くだろう。

鬱という言葉はもともと生命力を内に秘めた状態をいう。

鬱イコール悪ではない。

「鬱の時代」には、「鬱」のままにいきるべきなのだ。 五木


 この本で、とくに印象に残っている言葉は、五木氏の次の言葉である。

「鬱は力。無気力な人は鬱にはならない」

 池田先生によれば、うつ病は再発率も高いが、治療後は7割の方が生産性が向上しているという。

 「気が弱い」のではなく、気力のある証拠ではないか。

 まさに、
鬱は力なり

池田智子公式サイト
曇りのち晴れ ストレス・フリーへの道池田 智子/北村 尚人著
鬱の力 五木 寛之/香山 リカ著

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ