WBC 対アメリカ準決勝 9回表ダルビッシュ決めた!


 生中継でこのシーンはみていた。ダルビッシュの投球は久しぶりにみて驚いた。

 すごい!

 とくに最後の一球は,一流バッターといえども手が出せなかったであろうというくらいすごい球だったと思った。見ていて爽快であった。

 球の切れ具合といい,伸びといい格別であったと思う。

 見ていてこれなら勝てると思ってしまった。

 これかも楽しみな選手だと感じました。

        ◇

 WBCもオリンピックやワールドカップのように,国別の対抗というところがポイントだと考えている。

 国がまとまるためには,外に敵を作るといいと聞く。

 こういう対戦は国が一つになって戦い相手国を倒すという点で,手段は違えども一種の戦争ではないかと感じてしまうところもある。

 ミサイルとバットの違いはあるけれども,国を代表して戦うということに変わりはないと思うのだが。

 個人の選手は応援したくなる人がたくさんいるが,チームとなるとどこかしら抵抗を感じてしまう。

 ところが高校野球となるとそうではない,逆に個をころしてまでもチームのために,母校のために戦う姿があり,心を動かされてしまう。

        ◇

 国の威信をかけて戦うようなスポーツでは,なぜか,クエスチョンマークが頭から離れない。

 今回のWBC「侍ジャパン」などと呼んで応援しているようだが,これが,そんなこと関係なく,超一流の野球の選手が集まって試合をしたというならば,どんどん見たことであろう。

 それが,どうも今回のようなものには気が進まないのだった。

 今日は,偶然ダルビッシュ選手を見ていたが。

 
 たかが野球で,そこまでは考えすぎだろうと思われるかもしれないが,「侍ジャパン」と煽りたてられるほど,見たくなくなってしまうのは私だけなのであろうか。考えすぎであろうか?


 ダルビッシュ投手の今後は見ていきたいと思いました。今後を楽しみにしています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ