小沢代表は辞任すべきか


 各社の世論調査をみると、小沢氏が辞任すべきとの声が多い。

 しかし、無実であるならば、辞任すべきではないだろう。

 辞任したならば、認めたことになってしまうからである。

 おそらく検察は、「収賄」を念頭に置いて捜査をしてきたはずである。しかし、起訴事実をみると、収賄ではなく「虚偽記載」であった。

 起訴事実は大久保氏が2003年から2006年までに西松建設から受けた3500万円の企業献金を、「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」からの政治献金であると虚偽の記載をしたとするものである。 しかし、小沢氏の政治団体および政党支部が政治献金を受けた窓口は西松建設ではなく「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」である。 元東京地検特捜部検事の郷原信郎氏は政治資金規正法が、政治資金報告書に「寄付行為者」を記載することを求めているが、「資金拠出者」を記載することを求めていないと指摘する。 つまり、仮に大久保氏が、資金拠出者が西松建設であることを認識していたとしても、寄付行為者が政治団体であるなら、大久保氏が政治資金報告書に寄付行為者として政治団体名を記載しても、大久保氏を政治資金規正法違反で検挙することは「難しい」という。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/nhk1-b4ea.html

政治資金報告書に「寄付行為者」を記載することを求めているが、「資金拠出者」を記載することを求めていないことを考えると、公判を維持していくことも難しいと考えられるのではないか。

 ましてや、西松建設との収賄で起訴されたわけではないのだから。

 私は、政治的責任や道義的責任をとって辞任する人は、おそらく、それなりのことをやっていたと思っている。やっていないならば、堂々としていればいいわけである。

 と考えると、堂々としている小沢一郎氏は、検察のリーク、国策捜査による世論操作にあい、辞任すべきとの世論をつくりだされただけである。

 小沢一郎氏の政策については、支持できない点が多いが、彼に対する力が及んでいることを考えると、こちら側の人物なのかもしれない。

 無実であるならば、小沢代表には辞任して欲しくはないと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ