オバマ氏になっても

オバマ氏、若者や黒人から圧倒的支持…米TV各社出口調査

 11月5日23時31分配信 読売新聞

 米大統領選の勝利集会で支援者の声援に応えるオバマ夫妻(左)とバイデン夫妻(4日、米イリノイ州シカゴで)=清水健司撮影

 【ワシントン=小川聡】全米のテレビ各社が大統領選に当たって合同で行った出口調査(約1万7000人対象)によると、民主党のオバマ候補は、30歳未満の若者や黒人を中心としたマイノリティー(少数派)の圧倒的な支持でリードを奪った。

 さらに、景気悪化などでブッシュ政権に不満を持つ層から幅広く支持を得て、勝利をたぐり寄せたことがわかる。

 年代別でみると、オバマ氏は18~29歳でマケイン氏の倍以上の支持を得たほか、30~44歳でも52%とマケイン氏を引き離した。

 人種別では、白人層でマケイン氏が10ポイント以上リードしたが、オバマ氏は、黒人層をほぼ独占したほか、2004年の大統領選でブッシュ大統領の当選を支えた中南米系、アジア系でも約3分の2を固めて逆転した。

 オバマ氏は無党派層でマケイン氏に6ポイントの差を付けたほか、04年に投票しなかったと回答した人のうち、71%の支持も得ており、従来の民主党の基盤ではない層の掘り起こしに成功した。

 性別では、男性は互角だったが、女性ではオバマ氏が12ポイント差でマケイン氏を大きくリードした。特に未婚女性の72%、働く女性の60%がオバマ氏に投票した。

 米国にとって最も重要と思う政策課題を五つの中から一つだけ選ぶ質問では、63%が経済を選択。イラク戦争は10%にとどまり、金融危機による景気悪化に対する懸念が今回の大統領選の主要テーマだったことが裏付けられた。

 現在の経済状況を悪いと感じている層の3分の2がオバマ氏に投票しており、金融危機がオバマ氏の追い風となったことがわかる。

 所得別では、所得が低い層ほどオバマ氏に多く投票する傾向があり、年間所得が5万ドル未満の人の60%がオバマ氏を支持した。

 マケイン氏にとっては、ブッシュ現政権の不人気の影響が大きかった。

 ブッシュ大統領の仕事ぶりを評価するかどうかの質問で「不満」と回答した約70%の人のうち、3分の2がオバマ氏に投票。4分の3の人が国が悪い方向に向かっていると考え、そのうち60%を超す人がオバマ氏に1票を投じた。ブッシュ政権からの変革を求めるうねりがオバマ氏を後押しし、マケイン氏を押しつぶしたと言える。

最終更新:11月5日23時31分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081105-00000058-yom-int




 オバマ氏が次期大統領になることが決まった。

 しかし、共和党から民主党にかわったり、大統領が替わろうとも、政治の世界では、

大きく変わることはないであろう。


フランクリン・D・ルーズベルト第32代米国大統領は、次のように述べている。

「政治の世界では、何事も偶然に起こるということはない。もし何かが起こったならば、それは前もって、そうなるように謀られていたのだ。」

 だから、すでに、オバマ氏の当選は「闇の世界権力」によって、謀られていた計画の一つに過ぎないのではないか。

もともと、マケイン氏はベトナム戦争の英雄として有名だが、72歳である。2期やったとしたら、80歳になる。最初から、オバマ氏の当て馬として使われただけではないかと思っている。

 社会党をつぶすために、村山総理がうまれたように、アフリカ系の人々(黒人)をつぶすために、オバマ氏が利用されなければいいのだが。



 私のおすすめ:
ディアカーズ 心のこもった名入れのギフト



 私のおすすめオークション:

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ