県医師連盟、橋本知事に出馬要請 ≪茨城県知事選≫

’09知事選:県医師連盟、橋本知事に出馬要請

自民県連に改めて反旗 /茨城

4月1日12時1分配信 毎日新聞
 県医師会の政治団体「県医師連盟」(原中勝征委員長)は31日、今秋の知事選(9月任期満了)を巡り、去就を明言していない橋本昌知事に立候補を要請した。自民党の有力支持母体であるはずの県医師連盟が、知事候補に元国土交通省事務次官の小幡政人氏を推す自民党県連に改めて反旗を翻した形だ。自民党員でもある医師連盟幹部らは離党をほのめかすなど、県連との溝は一層深まっている。【八田浩輔、写真も】 後期高齢者医療制度など与党の医療政策に反対する県医師連盟は、従来の自民党支持の方針から一転、次期衆院選で県内全7小選挙区で民主党の立候補予定者を推薦している。会員は約1350人。橋本知事支援は3月17日にあった常任委員会で満場一致で決定した。 知事に直接要請した後、県庁で会見した原中委員長は「県内で知事以上に県民のことを考えている候補者は出そうにない」と述べ、4期16年の実績と医師不足対策などに対する姿勢を評価。「生活と密接な県政は国政とはまったく違う」と民主党から独自候補擁立の動きがあった場合も橋本知事支持を崩さない考えを強調した。知事は「ありがとうございます」と応じたという。 また、原中委員長は自民党県連の候補者選定過程について「有力者が指名して、追従したということに疑問を持ったのも事実だ」と話し、山口武平県連会長主導で小幡氏擁立が決まったとされる点に不満を漏らした。離党の意思を問われると「考えなくてはいけない時期かもしれない」と述べた。一方、県連幹部は「事実は確認していないが、非常に迷惑で困った話だ」と吐き捨てた。 慎重な姿勢を崩さない橋本知事に対しては、常陸太田市や北茨城市など県北地域の首長などから5選を支持する動きが広がりつつある。常陸大宮市議会(定数26)の有志21人は31日、知事に出馬を求める要請書を提出した。橋本知事は「仕事を評価していただいていることはありがたいが、今後いろいろな状況をみて判断したい」と含みを持たせている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090401-00000048-mailo-l08

 自民党県連では,知事候補に元国土交通省事務次官の小幡政人氏を推しているのだが,自民党員でもある「県医師連盟」(原中勝征委員長)は,現職の橋本昌氏に,出馬を要請したのだ。

 医師連盟幹部らは離党をもほのめかしているという。離党の意思を問われると「考えなくてはいけない時期かもしれない」と述べている。

 自民党の都道府県連の会長は,国会議員であることが多い。
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/ren/index.html

 しかし,茨城県連の場合には,県議会議員である山口武平氏である珍しいところだ。この山口武平県連会長主導で小幡氏擁立が決まったとされる点に不満を漏らしている。「有力者が指名して、追従したということに疑問を持ったのも事実だ」と話している。

 山口氏に反旗を翻した話は初めてである。彼が黒と言えば,白いものでも黒くなると聞いていたからだ。ウィキペディアには,

 国会議員の地位にはないものの、全国有数の勢力を誇る県議会自民党を背景に茨城県政はおろか国政にまで影響を及ぼしている。陳情の際は、国会議員より上座に座る。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E6%AD%A6%E5%B9%B3

 とまで,記されているほどだ。

 その山口氏に,現職の橋本昌知事も仕立てられた人物である。

 どうやら,4期16年にわたる知事生活で,山口氏以上の力を蓄えてきたのかもしれない。だから,山口氏の手に負えなくなり,対抗馬を立てたのではないかと思う。

 県医師連盟では,民主党から独自候補擁立の動きがあった場合でも,橋本知事支持を崩さない考えを強調しているという。

        ◇

 現職の橋本昌知事も,最初に立候補する際には,1993年,ハザマからの収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕されて辞職した,竹内藤男元茨城県知事の多選(5選)を非難していたものだ。

 そのためであろうか,現職の橋本昌知事が,態度をはっきりと表明せず,慎重な姿勢を崩さないのは。

 彼の政策や実績には,賛成できない点も多々あるのだが。

 何人か立候補を表明している人もいるが,海のものとも山のものともつかぬ人物ばかりで,どうなってしまうのか不安をである。

 それならば,それなりの現職をとの考えになってしまう。他の人物になれば,良くなるかもしれないが,悪くなるかもしれない。どっちになるかわからないなら,今より悪くならない現職をと思ってしまってもしょうがない。

 しかし,どんな立派な鯛でも時間が経てば,腐ってしまうのは確実である。

 ところが,知事にふさわしい人物が見当たらないのも事実である。

 知事になって欲しい人物は,立候補の意志がないことがほとんどだ。

 政治家とは,所詮,操り人形なのかもしれない。住民の操り人形ならまだしもいいのだが・・・
 そういうことを知っているからこそ,立候補しないのであろうか。

 昨日の記事でも述べたが,住民のため,国民のためになるような人物は,口をふさがれたり,消されたりしてしまう危険が伴うのだから。

 それならば,長いものには巻かれて生きた方が,無難なのかもしれない。

 そんな夢のない国を打破しようと考えているのだが・・・

 このように考えてしまう時,いつも自分に言い聞かせていることは,「今自分にできる,目の前のことを実行しよう」ということだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ