筑紫哲也氏を思う

筑紫哲也氏が死去 「NEWS23」メーンキャスター

11月7日18時28分配信 産経新聞

ニュースキャスターで元新聞記者の筑紫哲也(ちくし・てつや)氏が7日午後、肺がんのため、東京都内の病院で死去した。73歳。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻、房子(ふさこ)さん。

 平成19年5月、メーンキャスターを務めるTBSの報道番組「筑紫哲也NEWS23」の放送中に、自ら肺がんであることを告白。手術後の番組への復帰を約束し、闘病生活に入っていた。

 昭和10年生まれ。早稲田大学を卒業後、朝日新聞社に入社。新聞記者として政治部や本土返還前の沖縄特派員、米国ワシントン特派員などを歴任。同社記者として昭和52年から約5年間、テレビ朝日系の報道番組「日曜夕刊!こちらデスク」の司会者を務め“異色の新聞記者”として話題を集めた。
 
 また、朝日新聞が発行していた週刊誌「朝日ジャーナル」で昭和59年から約3年間、編集長を務めた。編集長時代に手掛けた連載企画「若者たちの神々」「新人類の旗手たち」などでは、さまざまなジャンルの一線で活躍する若者を取り上げ、「新人類」という言葉を生み出した。

 平成元年に朝日新聞社を退職。当時、高い視聴率を得ていたテレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」に対抗してTBS系で同年から始まった報道番組「NEWS23」のメーンキャスターに抜擢(ばってき)された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000583-san-soci



 筑紫哲也氏が7日午後、永眠しました。

 思い出すのは、学生時代のことである。野球部の坊主頭で『朝日ジャーナル』を電車の中で読んで帰宅するのが楽しみだった。そんな姿がかっこいいと思う時期であったのだろう。

 確か、高校三年くらいに廃刊になった覚えがある。

 20年弱「NEWS23」のキャスターをしていたのは、一時代を築いたといってもいいだろう。

 彼の偉業として、私は、『週刊金曜日』をあげたい。

 この週刊金曜日に対する思いを彼は、以下のように語っている。



  どうして私たち日本人はこんなに既成事実と権力に弱いのだろう――という嘆きがあらためて拡がっている。 この二つの組み合わせが如実に現れているのがイラク出兵と憲法の扱われようだ。が、この弱さが構造的なものだとしたら、他のどんな問題についても同じことがこれからも起き続けるのだろう。 だから問題の核心にあるのは「文化」だと私は思う。人間の精神的生活にかかわるものの総称としての――。そこに目を向ける雑誌でありたい。 
 一般的な週刊誌や雑誌などは、トヨタや公明党の誹謗記事を書くことはない。それは、それらから、たくさんの広告費をもらっているからである。

 だから、本物のジャーナリズムは、それでは「真実」を書くことができないと、定期購読者を募り、広告費に頼らないものをつくりあげたのだ。



 数多くある御用新聞や御用雑誌とは一線をおいた特別なものとなった。今年、佐高信氏にお会いしたときに興味のある記事があった数冊を購入しただけで、そういう私も定期購読はしていないのだが。

 本物のジャーナリズムに触れたい人は、ぜひ、定期購読をおすすめしたい。

 ニュースにしても、スポンサーがあり、雑誌にしても広告主がおり、必然的に、表現には限界が生じてきてしまうことになる。

 だから、いくら表現の自由といえども限界があったのだ。しかし、この週刊金曜日では、それがないから、真実を伝えることができる。このような本は、ほかにはないであろう。
http://www.kinyobi.co.jp/Recent ←週刊金曜日ホームページへ

 私がジャーナリズムに目覚めたのは、小学生の頃、父の本棚から本田勝一氏の「貧困なる精神」を、風邪か何かで小学校を休んでいるときに、寝ているのが暇で読んだのだ。
 その衝撃は、いまだに私の心に残っている。社会を見る目の基盤となったのは、この本の数々であろう。

 小学時代の私にとっては、とても大きな衝撃だったと思う。

 それから、読みたい本の流れが、「朝日ジャーナル」へとすすんでいったのであろう。

 旧約聖書には、次の言葉がある。

「借りる者は貸す人の奴隷となる」

 借りる者(お金をもらう者)、つまり出版社や雑誌社、新聞社・テレビなどのマスコミは、貸す人(お金を払う人)、つまり広告主の奴隷となっているのだ。

 ですから、広告主のことは悪くは書けなくなってしまう。

 しかし、この「週刊金曜日」だけは、読者が貸す人なわけで、自由に言論による表現を確保することができる。

 こういうものを築き上げられたのも、筑紫哲也氏の力抜きにしてはできなかったことであろう。

 今日は、週刊金曜日の発売日であった。

 彼は、なくなる前の最後のこの本に目を通すことはできたであろうか?

 ご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ