?元厚生次官宅連続襲撃事件は仇討ちか?

5行メッセージ

供述を始めているが
どうも不可解でならない。
視点をかえて、宮崎氏と
裁判員制度から
捉えてみようと思う。


元次官宅襲撃:「元次官と家族10人前後殺害計画」と供述

 元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、銃刀法違反容疑で逮捕されたさいたま市北区の無職、小泉毅(たけし)容疑者(46)が「元次官とその家族10人前後を殺害する計画だった」と供述していることを、警視庁と埼玉県警の共同捜査本部関係者が明らかにした。警備が厳しくなり断念したという。
 捜査本部は、襲撃の対象を元厚生官僚のトップばかりに絞った動機についてさらに詳しく調べる。

 捜査本部は24日午後、小泉容疑者を銃刀法違反容疑で東京地検に送検した。さいたま市南区の山口剛彦さん(66)夫妻殺害事件と東京都中野区の吉原健二さん(76)の妻靖子さん(72)殺人未遂事件の現場の足跡と小泉容疑者の所持していた運動靴がほぼ一致し、供述内容が具体的なことから、捜査本部は殺人容疑などで再逮捕する方針を固めている。

 捜査本部関係者によると、小泉容疑者は「当初別の元次官を狙ったが、先に襲撃した2人にした」「元次官と家族10人前後を殺害する計画だった」と供述しており、出頭した際の軽乗用車の中にあった段ボール箱に、山口さん、吉原さん以外の元次官の名前を書き込んだ宅配便用の伝票が張ってあった。
 小泉容疑者の自宅からも、他の元次官ら複数の襲撃対象者名を書いたデータ類や空の段ボール、無記入の宅配伝票が複数ずつあったという。

 元次官ばかりを狙った点には、「最初は政治家などが国を動かしていると思ったが、大学に入って学んでみたら官僚が国を動かしていることが分かり、高級官僚が悪だと分かった」などと話したという。出頭した理由は「襲撃後警備が厳しくなり、(次の事件も起こせず)逃げ切れないと思った」などと供述しているという。

 小泉容疑者が22日夜警視庁本部に乗り付けた軽乗用車内には、事件に使われたとみられる血痕が付着したナイフ(刃渡り約20センチ)のほか、サバイバルナイフ6本、ナイフ2本、折りたたみナイフ1本▽包装紙でくるんだ宅配便を装った段ボール箱2箱▽血痕の付いた手袋▽つば付きの紺色の帽子▽青のジャンパー▽紺色の作業ズボンなどがあった。血液が付着した押収品については、血液鑑定をして被害者のものと一致するか調べている。【佐々木洋、神澤龍二、町田徳丈】

 ◇2元次官宅の住所「職員録で調べた」
 捜査幹部によると、小泉容疑者は元次官2人の住所の確認について、「(旧厚生省の)職員録で調べた」と供述しているという。図書館などで閲覧したとみられる。

 また、テレビ、新聞のホームページなどに22日午後7時すぎに書き込まれた「年金テロではない」などの記述について、「マスコミ数社に対して、これから出頭するとのメールを送信した」と供述しているという。

 日本テレビに届いたメールによると、情報提供者の欄にさいたま市の元次官、山口剛彦さんの氏名、住所を書き込んでいたが、住所を「浦和市」としていたことから、小泉容疑者はさいたま市への合併(01年)前の古い職員録で調べた可能性がある。【古関俊樹】

 毎日新聞 2008年11月24日 23時13分

前回のことから、仇討ちは考えられないということに達した。今回は、小出しにしてきている警察情報を検討することより、事件の背景を考えてみたい。






これらのマンガは、「日本のタブー2」国士について書かれた一部分である。国士という部隊についてはお口にチャックをしたほうがよいという方もいる。この本は、今年6月で休刊ということになっている。

 この本によると、国士が関係したといわれる事件は、下山事件豊田商事事件、2006年に、住基ネットに「拒絶している住民への適用は違憲」とする判断を示した大阪高裁第7民事部総括判事の竹中省吾裁判官(64)が2006年自宅で死去した事件などがある。

 明治維新期に開国派を次々に殺して政権を握ろうとした長州藩士の末裔が、国士になったといわれている。その後も日本の政局混乱が続き、国家運営のために、権力者たちは、闇の部隊として動く存在が欲しかった。そのために、部隊を残し、暗殺によって国を彼らの描く正しい方向へと導こうとしたという。

 そして、現在でも、彼らは大手企業の役員やエリート社員、官庁勤務の公務員になりすまして日常生活を送っている。ひとたび、指令が下れば暗殺部隊として動き出すという。

== 「現在の日本の繁栄があるのも、彼らの存在があるからこそ」 ==

とまでいわれている。彼の死に疑問を持つのは私だけではない。
http://youwonderful.at.webry.info/200612/article_2.html
「国家の気に入らない判決を出した裁判官は殺害される」 という人もいる。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=164760

 今回の元厚生次官宅連続襲撃事件についても、彼らに生きていては困るようなことがあったのではないだろうか。小泉毅氏は、長州(山口県)の出身である。国士との関係は如何に?

 

 もう一点、宮崎勤事件と同じようなものを感じるのだ。それは、リクルート事件などで窮地に追い込まれていた利権集団が、それらの批判を交わすため、あるいは、それらの取材を行っていた弱小の出版社を潰すために、メディア規制させるためのキャンペーンを、事件を通じた中で仕込んでいったこと酷似しているようなきがしてならないのだ。

 今回は、年金問題はもちろんのこと、世界的な金融危機の不安などをカモフラージュでもするかのように。



 そして、触れなければならないのは、来年から始まる裁判員制度についてである。

 最近までは、友人に裁判員制度に関わる仕事をしているのがいたためか、何の疑問も感じなかった。むしろ、すばらしい制度であるくらいの思いであった。しかし、ふと、考えてみると大変なことに気づいた。

?辞退すれば処罰もある


?内容は生涯の秘密にしなければならない


?死刑も多数決で決定される


 ?どうしても都合によって辞退しなければならなかったら?やりたくない人もいるであろう。

 ?一生秘密を守って生きるなんて窮屈でつらいことではないか?できるかどうか不安である。

 ?民主主義の名の下に、人を殺していくなんて、私にはできません。


 そこでである。国民の名の下に、公然と人を抹殺していく手段として、裁判員制度ができたのではないかと考えてしまったのだ。

 今回の元厚生次官宅連続襲撃事件の報道の熱の入れ具合を見ていると、どうしても国民は、小泉氏が犯人であるとの先入観を持ってしまうのではないか。

 それでは適正な真実を明らかにするという裁判の目的が達成できるはずがないと思う。

 ある権力者が、抹殺したい人物がいた場合、マスコミを多分に利用して報道し、先入観を持たせ、国民の名の下に、消されていく。そんなことができてしまう世の中を想像してしまうのだ。

 裁判員制度については、後日、詳細に検討したいが、そういうものに向けても、今回の事件はキーポイントになっているような気がしてならない。





 今回の事件によって、誰が、どこが、どういう利益をもたらしたのか 、もう一度検討していかなければなるまい。


 





[http://www.blogmura.com/ ブログランキング・にほんブログ村へ]


 私のおすすめ:
格安トナーのエコトナー宅配便



 私のおすすめオークション:

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ