労災認定 10年ぶりに新基準



 自分の意志で命を絶っている方が、これほどまでになっているとは聞いてはいたが、あらためて、考え直さなければならない問題であろう。

 不知の病ならともかく、救えたはずの命であるから。


 そんな中で、労災の新しい認定基準が通知されたという。
 仕事のストレスが原因でうつ病や自殺に追い込まれたとして労災の申請があった場合の認定基準が10年ぶりに見直され、6日、全国の労働局に通知されました。職場でのひどい 嫌がらせ、いわゆる「パワーハラスメント」を考慮する内容になっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015215651000.html

 これから、部下を持つ上司は、「パワーハラスメント」に、よりいっそう気をつけなければならないであろう。

 自殺に追い込まれる方の多くは、うつ病に罹患していることが多いという。

 一日の大半を過ごす、職場での影響は大きい。ストレスの大半も職場でのものであろう。

           ◇

 これまでは、上司に従って仕事をしていれば良かったのだと思う。しかし、混沌とした行く先の見えない現況の中での答えは、現場にあるはずだ。

 上司さえ経験したことのない未曾有の出来事が起きている今日では、これまでの方法が通用しないであろう。

 上司は、いかに部下たちが働きやすい職場をつくることが大切であると思う。

 技術を教わるという点では、上役や先輩の言うようにしていくのは、当然であるが、社員や部下たちを、いかに引き立てて、盛り立てていくか、それが一番の仕事になってくるであろう。

 自分の力で上役になったわけでも、先輩になったわけでもない、みんなのおかげで、部下や後輩たちのおかげで、仕事ができるのだとう思いやりの気持ちがあれば、うつ病や自殺などは起こりえないと思うのだが。

 要するに信頼関係である。転職や退職にいたるホンネの理由は、人間関係が多いのだ。

 どこの組織でも大きくなると、足を引っ張り合ったり、けなしあったりすることが多いなと感じている。

 そんなことがないように、本年度も、支え合う職場、思いやりのある職場を願って励んでいこうと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ