次元を超えた旋律

 寝付きがよくない私は、MonroeProductsヘミシンク関連のCDを、ミュージックプレーヤーで聞きながら眠るようになって、数年が経つであろうか。

ヘミシンク®(Hemi-Sync®;)とは何か?


 ヘミシンク®は、特定の音の周波数を組み合わせることにより、人の意識状態のコントロールを可能にする音響技術です。 この技術は、米国モンロー研究所が開発したもので、既に科学的に証明され、米国において特許も取得しています。 いままでに、何十万人もの人々に恩恵を与えている卓越した技術です。 ヘミシンク®は脳の自然の機能を応用しています。私たちの脳は、アルファ波は白日夢を見させ、デルタ波は眠りを支配するといったように、意識の違いに応じて、それぞれ異なった電気的動作(脳波)を作り出します。 ヘミシンク®は脳を活性化させて、現在行いたいと思う動作に必要な脳波を出すことを助けます。 例えば、ヘミシンク®の中で、リラクゼーション用のCD/テープは、あなたがリラックスした状態のときの脳波を出す手助けをしますし、何かに集中したい時には、コンセントレーション(集中)用のCD/テープが必要な脳波の発生を助けます。 ヘミシンク®は、音の周波数を何層か重ねることによって安全に脳波を変える手助けをします。 この音をステレオヘッドフォン又はスピーカーで聴くと、あなたの脳は第3の音(バイノーラル・ビート)を出して反応し、希望する脳波の活動を助けます。 ヘミシンク®は、音声ガイド、音楽、ピンクサウンド(意図的に入れられたノイズ音)、その他の音響効果をバイノーラル・ビートと組み合わせることにより、高揚した精神的、肉体的、感情的状態を体験することができます。それぞれのCD/テープの目的となる効果を高めるために、レコーディング時に特定の要素を念入りに選び、適切なヘミシンク®の周波数と統合させております。 


 ヘミシンクとの出会いは、船井幸雄氏の紹介であったと思う。
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200504013

 これだ。とすぐにインターネットの通販で手に入れたのを思い出す。かれこれ、数十枚は購入したであろう。


 休憩時には、「キャットナッパー」を、寝る際には、「スーパースリープ」や「ドリームキャッチャー」「サーフ」などを、ヘッドフォンで聴きながらだと、ゆっくり寝られるようになった。

 集中力を高めたり、発達障害を持つ方用があったりと、他用途なCDがある。

 
 そんな中、もっとすごい旋律に、偶然、先月、出会うことができた。

~哲想の部屋~mimein_phideas for Peace

http://blogs.yahoo.co.jp/mimein_phideas/9687099.html#9687099

のブログを開設しているMIMEINさんからのご紹介であった。

 彼の曲を聴いてみて、衝撃が走ったものだ。

 私は音楽による表現化ができないのだが、イメージしていた死後の世界であったり、生まれてくる以前の世界だったりと、ぴったり一致した音楽であったのだ。

 そこで感じたものは、

生まれてくる以前の世界 = 死後の世界

というものであった。

 そこで流れているメロディーは、同じもののように感じたのだ。

 ということは、死後の世界も、生前の世界も、同じ世界なのかもしれないと思った。

 MIMEINさんは、おそらく、そこの世界と周波数が合って、この曲が舞い降りてきたのであろうと想像する。

 大宇宙という母体に包まれているような安心感みたいなものが感じられるのだ。

 私に語彙力が足りず、「死後の世界」とか「生前の世界」と表現してみたものの、もっとふさわしいよい言葉はないか考えたのだが、他には私のイメージするものとして適当なものがなかったので、ご了承ください。

 MIMEINさんのように「突き抜けた」という境地までは、私は、達していないかもしれないが、彼の曲には偉大な何かがあると感じられている。

 ヘミシンクが理論とか技術であるならば、MIMEINさんの曲は、感覚だったり、感性で聴くものではなかろうか。

 聴き始めて、1週間足らずだが、精神的に何かわからないけど、よい方向へ変化してきていることだけは確かであろう。

 このような能力を持った方は、宗教の教祖だったり、商業主義的に利用されてしまうことが多いのだが、彼は、フリーで「op1」「op2」を提供してくださっている、非常に良心的で、建設的な方であると感じています。

 「op3」も非常に楽しみである。

 微力ながら、彼の応援をしていけたら幸いである。

 今日もまた、彼の「op1」「op2」を聴きながら休むことにしよう。

 ありがとうございます



 私のおすすめ:

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ