カウントダウン

先日、とある会で、音楽の教科書に、北島三郎の「まつり」と都はるみの「津軽海峡冬景色」が加わるという話を耳にした。

初めて、演歌が教科書に入るという。

想像してしまった。演歌を教室でみんなが合唱する姿を。



そして、教科書から削除されるという歌があるという。ジョンレノンの「イマジン」だという話である。
※事実は確認できておりません


音楽の教科書から削除されたという歌は、太平洋戦争が勃発したときにもあった。下記の写真の「ふるさと」という曲である。


戦争に行くのに、三番の「いつの日にか帰らん」が、戦争に行く兵隊さんには、良くなかったという。

私には、大好きな、つい口ずさんでしまう歌なのだが。

削除されるだけではない。歌詞を変えるということもあったのだ。

我々が知っている「里の秋」という歌は、下記の歌詞である。


しかし、戦争中は、「星月夜」と題して、下記のような歌詞であった。


教科書を見ると、戦争への道が見えるのではないか。

音楽の教科書から、戦争へのカウントダウンが、見えるような気がしてならない。

私の杞憂であることを祈る。
スポンサーサイト
プロフィール

PEACE2121

Author:PEACE2121
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ